髪の毛を増やすことが可能な植毛の種類は二つある

髪の毛を増やすことが可能な植毛の種類は二つある

薄毛に悩んでいる人は、増毛をして髪の毛を増加させることを考える人が非常に多いです。その中でも、植毛は長期的に髪の毛を増やすことが出来ますのでこの手段を利用して髪の毛を増やす人は少なくありません。


植毛には、かつらのような人工毛を利用して増毛をする人と自身の髪の毛を利用して増毛をする人の二つの種類があります。

人工毛を利用する際には直接的に人工毛を移植することになるのですが、実は人工毛の手術は髪の毛の増毛を行う際にふさわしい手段とはいえないことがわかっています。



もちろん、かつらなどのように人工毛を利用した増毛手段は近年でも有効に利用されているのですが、近年では頭皮に対して定着させるのではなく髪の毛と直接的に接触させてボリュームを多く見せることに専念しています。



そのため、人工毛による植毛は確かにボリュームを多く見せることが出来ますが、直接的な頭皮への移植にはリスクも存在することがあるということを知っておきましょう。
そして、もう一つ重要な手段として自毛を利用した自毛植毛が挙げられます。

自毛植毛は、後頭部などに髪の毛が必要量残っている場合に利用できる特別な方法で、この方法を利用すれば自然な形で髪の毛を成長させながら髪の毛を増やすことが出来ます。



元々あった髪の毛を別の場所に移植するだけの手術なので、人工毛と違って患者の頭皮にも大きな負担を与えることはありません。

そのため、リスクを少なくしながら増毛を実現することが可能なのです。

Copyright (C) 2015 髪の毛を増やすことが可能な植毛の種類は二つある All Rights Reserved.